晴れ時々走れ

マラソン、トライアスロン、人生について

別大マラソン2019③今年の大会レベルは?

今年の別府大分毎日マラソンは去年とまったく違う気候でした。去年はスタート前に小雪がちらつき、大分市の最高気温は4度4分。今年は湿気があり、大分市の最高気温は18度9分。季節が2ヶ月くらい違うような感覚です。

 

ところで、今年のレースの成績は全般にどうだったのでしょう。去年に続いて、グラフを載せます。比べるのは以下の4つのタイムを切っている男子選手の人数です。

 

1.市民ランナー憧れのサブスリー3時間00分。

2.それなりの練習量が要求される2時間50分。

3.ある程度の才能が必要となる2時間40分。

4.実業団レベルに近づく2時間30分。

それぞれのタイムごとに、横軸を開催年、縦軸を人数としてプロットしてみました。

 

ちなみに、2018年のタイム別の成績は以下のエントリを参考に。ここ数年の中でもきついレースでした。

 

harehashire.hatenablog.jp

 

そして、2019年の結果はこうなりました。

 

f:id:harehashire:20190204221739p:plain

 

サブスリーランナーは去年より50人以上、率にすると5%近くも減っています。やはり気温と湿気にやられた選手が多かったのでしょう。20度近い気温と80%以上の湿度でした。

一方で、2時間50分や40分を切ったランナーは去年に比べて増えていて、2時間30分を切ったランナーは18人、率にして30%も増えました。つまり、このことから言えるのは、サブスリー近辺のランナーがバタバタと潰れている一方で、レベルの高いランナーはしっかりと記録を伸ばしているということです。

 

遅いランナーほど天候や気候の影響をもろに受けてしまい、暑さや湿気で走れなくなってしまうのでしょう。

トップランナーにとっては、この春の陽気は追い風にすらなっていたようです。2時間10分を切るサブテンは例年、1人か2人しかいませんが、今年は6人もいました。日本のレベルが底上げされている感じがします。

 



マラソン・ジョギングランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村