晴れ時々走れ

マラソン、トライアスロン、人生について

佐渡トライアスロン2019⑤ バイク前半

地獄を味わった佐渡トライアスロンのバイク。

あまりにもキツくて路上で昼寝を30分×2回もしました。それでも、結論を言うと何とか走りきりました。そんな、ヘッポコ道中記にお付き合い下さい。

 

まず、距離から説明しましょう。ほぼ佐渡島を一周するコースで190kmあります。世界的に有名なアイアンマンレースでさえ180kmです。その距離でも大概なのにさらに10kmも長い。この190kmという距離感を表現するのはとても難しいのですが、例えるならば東京からJR東海道線を乗って小田原、熱海を越えて、三島、沼津、富士、清水を通ってようやく静岡に到着。それでも足りないので越えて焼津に到達。または、関西だと神戸と京都の間を往復して、それから大阪まで行くくらい。うまく伝わらないかもしれませんが、とにかく長くて、果てしなく遠い。車でも連続で200km近く運転したらしんどいでしょ。

 

それなのに自分のバイクの練習量と言えば、この一年間で100km未満。最長距離は新島トライアスロンの40km。おそらく、参加選手のなかで最も走行距離の少ない選手ではないでしょうか。年間距離100kmで、190kmを走りきれるか。壮大な人体実験の始まりです。

 

 

スイムアップして、ゆっくりと走り始めます。すぐに外国人の選手にパスされますが、決して追いかけません。若かりし頃ならほぼ条件反射で競り合いますが、年相応に自分も経験値が増したものです。そして、それよりも自分の練習の状況は把握しているので、「ガンバラナイ、でも、アキラメナイ」と念じます。

 

だいたい3kmから5kmごとに抜かれます。時には、ついていけそうな選手を見かけても自制します。なんせ、この1年で100kmしかバイクに乗っていないので、この先に何が待ち受けているか分かりません。

 

それだけ自制していたにもかかわらず、40kmのあたりで脚が終わりました。そこからは、ちょっとした坂でも息が上がります。抜かれてもついていこうなんて気持ちはおきません。

 

それから前半のハイライトの通称、Z坂に辿り着きます。いつもは登り坂は好きな方なのですが、まったく脚に力が入りません。サイクルコンピューターを見ると、それまでに稼いだアベレージがどんどん減っていきます。悲しいくらいに。何とかクリアして、海岸線までしばしのダウンヒル。でも、カーブが多いのでスピードは上げられません。なんだか人生のやるせなさを感じます。

 

そして、難敵Z坂をクリアしたかと思ったら、すぐに「大野亀」という坂がやってくる。思わずボトルを落としてしまい、拾うためにバイクを降りました。降りるときもペダルを外すのが危うい。どうも、身体の感覚がおかしくなっています。まだ、半分にも達していないのに。

 

完全に脚が売り切れました。そして、呼吸もしんどくなってきました。心拍数が上がっているわけではないのに息が吸えません。補給はしっかりとっているので、ハンガーノックではないと思います。

 

いつも、こうした状態になったとき、太平洋戦争でインパール作戦などで行軍を続ける兵士たちもこんな感じだったのかと想像します。行き倒れる一歩、手前の感覚です。「休みたい」。というより「倒れたい」。ちょうど、90kmの中間点の辺りで私設エイドが見えました。そこでついにバイクを停めて、「少し休ませて下さい」と声をかけました。地元の方かと思いきや、東京の江東区江戸川区トライアスロン連盟の方々のエイドでした。どこの馬の骨だかも分からない得体の知れないオッサンを温かく迎え入れてくれました。そして、そのまま、歩道に倒れこみました。

ノックアウトされたような、ノーサイドのような状態で横たわり、頭がジーンと痺れて、目を瞑って、銀輪の過ぎ去る音や潮騒の音を聞いていました。此岸と彼岸の間にいるような感じ。

「ああ、しんど。リタイアしようかな」

「でも、制限時間までたっぷりあるので、とりあえず寝てから考えよう」

 

f:id:harehashire:20190907183218j:plain



マラソン・ジョギングランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソン(サブスリー)へ
にほんブログ村