晴れ時々走れ

マラソン、トライアスロン、人生について

マラソン

鯖街道ウルトラマラソン2017④レース後半

古来、人々は旅人に優しく接してくれます。イスラム教ではそうした教えが明確にあるし、古今東西どこでも旅人は大事にされてきました。そして、鯖街道ウルトラマラソンでも選手たちは旅人のようにもてなされます。 公式のエイドステーションだけではありませ…

鯖街道ウルトラマラソン2017③レース前半

レースから10日以上が経過しました。まだ、内臓のダメージが抜けません。炎天下のレースでボディブローをくらい続けた胃袋は未だやる気も元気がなく、ビールを飲んでも食事をしても美味しく感じられない残念な状態が続いています。 今年の鯖街道ウルトラマラ…

鯖街道ウルトラマラソン2017②装備編

小浜から京都までを繋ぐ鯖街道ウルトラマラソン。シューズに悩む場合は断然、トレランシューズをお勧めします。 77kmのうちおよそ75%が舗装路で残りの25%がトレイルです。ここで「4分の3は舗装路」と考えると判断は間違えます。時間にすると半分近くが山の中…

鯖街道ウルトラマラソン2017①前日編

「京は遠ても十八里」。 この言葉を小浜ではよく目にします。どう解釈したら良いか分かりませんが「京都は遠いと言ってもせいぜい十八里(72km)だからグダグダ言わずしっかり鯖を運びなはれ」といった感じでしょうか?ただ、実際の行程は街道と言いながら800m…

山と狩猟採集とラテン気質

先週の日曜日、今年初めて、友人と六甲山に登ってきました。宝塚からスタートしてトレイルの道を登り、六甲山頂を経由して丁字ヶ辻で折り返すコースで、往復35kmくらい。山に入ると生き返った心地がします。緑が目を潤して、森の空気に心がリラックスするか…

【姫路城マラソン】久々に歩いたよ

今シーズン5本目のレース、第3回世界遺産姫路城マラソンに出場しました。例年、東京マラソンと同日開催で、東京マラソン落選の滑り止めとして申し込む方も少なからずいると思います。ただ、東京マラソンとは違った味わいがある素敵な大会です。洗練、整然と…

【別大マラソン】足のマメが潰れたよ

第66回別府大分毎日マラソンに出場してきました。 立春をすぎた別府は街のあちこちに春の気配を感じました。マラソンシーズンも終わりが近づき、別大マラソンは冬場の練習の成果を発揮する決戦の舞台です。 年に一度の勝負レースとして乗り込んだわけですが…

1.17追悼ラン

阪神・淡路大震災から22年の1月17日。 仕事が終わってから神戸・三宮にある東遊園地へ。午後9時前、仕事帰りの人で溢れる阪神三宮駅の地下街を、駅に向かう人の流れに逆らって東遊園地へ急ぎました。ここでは、毎年、「1.17のつどい」という竹灯籠に火を灯す…

GREAT RUN to 銭湯

年始の休みには実家に里帰りします。そこで、家族でテレビを囲んでのんびりと過ごすのですが、正月の番組はガチャガチャしていて本当に面白くありません。時間を無駄にして、お正月の特別な気分に水を差すものばかりです。こうしたなか、たまたまチャンネル…

小さな物語を紡ぐ

2016年大晦日は紅白もゆく年くる年も見ずに子どもと一緒に寝落ちして幕を閉じました。そのかわり2017年の元旦は目覚ましアラームの鳴り出す前に目が覚めました。夜明け前、外に出ると霜がびっしりと降りています。キンと冷え込むなか薄手のジャンパーとスパ…

【奈良マラソン】清志郎と500miles

激しいエントリークリック合戦に勝利して出場権を得た奈良マラソンを走ってきました。初めての参加です。 底冷えする奈良の最低気温は1℃。持参してきたレインコートを着て走ることにしました。会場でもレインコート配布サービスがありました。結局、身体が温…

旅にはシューズを

旅行には必ずランニングシューズを持参します。日常生活では練習のモチベーションが上がらなくても、知らない土地での非日常空間はモチベーションを上げてくれます。個人的に旅行は、ランニングの合宿と位置付けています。ということで、先日、三重県の伊勢…

【神戸マラソン】続・割り込む人々

しつこいですが、また、このテーマです。 神戸マラソンでもやはりスタートブロックで割り込んでくる人がいました。後ろから前に割って入ってくるだけではなく、横の歩道から大胆にロープをまたいで入ってくる厚顔無恥な強者も。まったく素晴らしい情熱です(…

【神戸マラソン】ラストまで黄色い手袋

第6回神戸マラソンを走ってきました。11月も下旬とは思えない蒸し暑い天気でした。スタートの午前9時の神戸市の気温は17度9分、湿度はなんと94%!最高気温は21度。去年の神戸マラソンと同じようなコンディションです。そして、去年は暑さにやられて敢え無く3…

【大阪マラソン】コール&レスポンス

第6回大阪マラソンのレース展開について振り返ります。 今年は練習量が足りていませんでした。走行距離は8月80km、9月150km、10月にようやく200km。ロング走はゆっくりペースの30kmを2回。スピードも全然上がってこず、正直、参ったなという感じでした。 テ…

【大阪マラソン】割り込む人々

今年の大阪マラソンは心身ともに厳しい状態で迎えたレースでした。 仕事が追い込み、連日の寝不足、昼夜飯抜きのひどい食生活、加えてレース前日の飲み会で二日酔い。さらに、ようやく仕事で一つのプロジェクトが終わったのに反省点が多く、残ったのは疲れば…

スーパー玉出をゆく

いよいよ大阪マラソンが迫ってきました。 仕事やら体調不良やらいろいろとあり、相変わらず走れていません。さすがにこのままではマズイと週末ようやく30kmと20km走を行いましたが、まったく脚力・体力が足りないことを認識させられてショックでした。もう一…

大阪おすすめロングラン②大阪城⇔天保山

大阪マラソンが迫っているのに、10月に入って仕事で追い込まれています。 資料を読まなくてはいけない、リサーチしなくてはいけない、考えてアイデアをまとめなくてはいけない。三連休なのにほぼ走れる見込みなし。でも、やること満載過ぎて手につかず、ブロ…

大阪おすすめロングラン①大阪城⇔舞洲

大阪マラソンまであと一か月あまり。 大会に向けてロング走を始めている方も多いと思います。私もようやく先日、今シーズン初めてのLSDをしましたが、毎年のことながらこの時期は脚が重くてこんなんで大丈夫かいなと絶望的な気持ちになります。でも、ここで…

福士さんのインタと真夏のレース

きょうは、暑い暑い炎天下の北海道マラソンが行われました。今年は出場しませんでしたが、大勢の知り合いの撃沈リポートを読んで、真夏のレースの過酷さにぞっとしながらも、汗だくになって脚を攣りながら完走した人ならではの達成感が伝わってきます。 夏の…

【生駒トレイル】山に入る歓び

きのうは「山の日」でした。日々、アスファルトと鉄筋コンクリートの世界で暮らしていると、無性に山に入りたくなるときがあります。人間も動物であり、自然を欲するのは一種の本能でしょうか。 先日(7月24日)、友人に誘われたことをきっかけに生駒トレ…

疲れた目に暗闇ラン

七夕の日、大川で行われた「天の川伝説」を見に行った。青いLEDが川面にゆらゆらと浮かぶ様はきれいだったが、それよりも目が漆黒に包まれていく感じが心地良かった。 最近、目が疲れている。 そのせいか、目が暗闇を欲している。最近は夜に外を走ることが楽…

【サロマ】ウルトラの世界

サロマ湖100kmウルトラマラソンでチームメイトたちが素晴らしい成績を上げました。一緒に練習をしていた仲間として本当に嬉しく思い、長い道のりを最後まで走り抜いた皆さんを心から尊敬します。 その日、私が起きたのは朝8時すぎ。「ああ、きょうはサロマ…

小さな練習

以前はハアハアゼイゼイいわさないと練習ではないと思っていました。心拍を上げた状態で最低でも1時間は走ったり、泳いだりする必要があると感じていました。必然的に練習に対する心理的ハードルが上がり、運動すること自体が嫌になってしまいます。ぐずぐ…

優しいレース

以前はレースで戦闘モードになっていました。 絶対に勝ちたい。負けたくない。プレッシャーによって高まった緊張感で、アドレナリンが出て、恐怖心を打ち消し、闘争心が沸き上がりました。 スイムでぶつけられたり、バイクでドラフティングされたり、ランの…

【静岡マラソン】ノスタルジーラン

まず、訂正を一つ。 前回のエントリーで肉離れになったと書きましたが、酷い状態ではありませんでした。どうやら肉離れまではなく、単に脚の筋肉を痛めただけだったようです。大げさに、神妙に、そして、愚痴っぽい心情を書いてしまい失礼しました。また、怪…

故障は突然やってくる?

東京マラソンが開催された日曜日、練習で足を故障した。 15kmすぎくらいで左足首のすぐ上のあたりに異常を感じる。ゴムが切れてしまったような感じで蹴っても進まない。どうやら、肉離れを起こしたらしい。歩けないほどの痛みではないが、やってしもうたと…

マラソンと待機児童の問題をこじつけて考えてみた #taikijidou0challenge

いつもはマラソンネタばかりのブログですが、今回「待機児童ゼロチャレンジ」というバトンが回ってきましたので、違った趣向の内容を書きたいと思います。このチャレンジはyuichiさんという双子のパパが始めた、問題提起のためのチェーンメールならぬチェー…

【別大マラソン】ベスト更新!

別府大分毎日マラソンでは2年ぶりのベストタイムを記録しました。グロスタイムで2分近くの更新です。フィニッシュの後、ささやかに拳を握りしめました。 今シーズンは10月の大阪マラソンから始まりました。夏は酷暑で全く走らず、9月や10月も残暑が厳しく練…

【別大マラソン】SUB3の祭典

第65回別府大分毎日マラソンに出場しました。 この大会はあることで国内1番の大会です。 答えはSUB3(3時間未満で走ること)ランナーの人数です。今年のSUB3達成者はなんと1209人。東京マラソンを含め国内のどの大会よりも多い人数です。おそらく世界でも…